自分の環境に仕事を合わせて働く

自分の身体と心に合わせた仕事

人生の節目で仕事に対する姿勢や気持ちに変化が生じる。
高校や大学を卒業し社会に出た当初は自分自身のキャリアのためにその仕事をひたすら一心に頑張ることで達成感を得る。
しかし年齢を重ねて結婚、出産、子育てさらには自分や配偶者の両親の介護といった場面が発生してくるだろう。
働き方を決められて自分自身の生活を制限してしまう、あるいは働くということ自体を諦めるという選択を選ばざるを得ないかもしれない。
女性が働くということに対してどんどん理解が求められるようになった今の社会の中で自分の今の生活に制約を受けずに自分のやりたいこと、得意分野を自分で形にして働こう。
日々の生活の中でたくさんのチャンスがある中でできる範囲で起業し立ち上がることは第一歩である。

お金だけでなく達成感も

働くということは、当然にその対価を得ることに第一の目的が存在する。
私達は当然に会社の利益を上げるために一生懸命に努力して働く。
利益を上げるということが社会に還元することもできるし貢献にもつながるからである。
しかし、仕事を成し遂げた時に私達が感じるのは決して利益になることへの喜びだけでないだろう。
人に必要とされる、人のために役に立てることが出来る喜びがある。
家族に対するつながりとはまた違う、自分が提供するサービスによるつながりを得ることが出来るのはとても幸せなことである。
起業して自分が社会へ何かを発信できるということがそれを可能にして経済的なものだけではない、自分自身の心を満足させることにつながる。


知っておくことであなたの起業がもっと身近になる!

この記事をシェアする