岩松勇人が送る女性起業家へ向けた起業サポート

知っておくことであなたの起業がもっと身近になる!

いつでもつながることが出来る起業仲間

起業して自分でビジネスを起こすということは多くの人々にとって、初めての未知の世界である。
初めてのことに加えて、企業するにはその人にとって大なり小なりリスクを背負っている場合がある。
設備投資や当面の運転資金の確保、それに伴う借入。
仕事することに対しての家族への配慮もあるだろう。
ある年代から人々にとって、特に女性には自分一人の都合で決断を選択できなくなる。
そういった心配事を抱えている女性起業家は大きな孤独を感じてしまう。
そんな時はセミナーや講演会、外出が難しい場合にはインターネットでも女性起業の応援サイトが多く存在しそれを支援する団体も数多く存在する。
同じ境遇や不安にいる女性、または同業者ともつながりが持てることで仕事上のチャンスだけでなく、つらさや苦しみを話して分かり合うことが出来る。
女性が年齢を重ねて人生の節目節目で様々な選択をする中で今の自分の役割を果たしながら、仕事をするという難しさ、そして楽しさが起業には存在する。
起業への意欲がある時には、今の自分を観察してみるのはいいだろう。
岩松勇人の考えとしては、自分が今やりたいこと、自分の強み、そして今の社会が何を必要としてるのか、それをどうやって形にしていくのかを考えるのは起業の第一歩だと考えているようです。
今は大掛かりな設備やそれに伴う資金がなくても今の自分に合わせた働き方が選べる。
国や地方公共団体による補助金、助成金によるサポート、一般社団法人による女性起業サポート、金融機関による優遇措置による融資等がある。
岩松勇人の様に今の自分に合わせた働き方を選んで、楽しく後悔のない起業を選ぶことがその成功につながっていく。

女性の人生に合わせた働き方

起業するということは大抵の人にとって、人生で初めての体験だろう。 起業するにあたり様々な不安が発生してしまうだろう。 そういった心配事を抱えている女性起業家は大きな孤独を感じてしまう。 そんな時は同じように起業している先輩や同年代の仲間と意識や情報を共有することで心を軽くしよう。

国や自治体が応援する助成金や融資を利用

あなたがお住まいの地域にも助成金制度や公募によるビジネス支援がある。 また厚生省による雇用関係助成金や独立行政法人の中小企業整備機構の中小企業支援も行っている。 日本政策公庫は女性、若者、シニアの企業支援を行っている。 これらの制度を事前に知って起業の負担をより軽くするのが成功の第一歩である。

自分の環境に仕事を合わせて働く

女性はその年代によって様々な役割になり得る。 ある時は恋人、婚約者、ある時は妻であり母親にもなり得る。両親の介護士になる時もあり得るだろう。 女性の社会進出が叫ばれているとはいえ、その時々の役割を果たす必要がある。 これから起業という働き方を視野に入れて自分の役割をこなしていくのも一つの手段である。